治療の理論と技術を伝承する

治療の技術を伝承 広島眞田流整体療術院アカデミーホームページはこちら

治療を受付させて頂いている整体院はこちら

治療を受け付けている整体院のホームページはこちら

 

 

 

消しヘルニアは治る!ヘルニアは9割が誤診と言われるが・・・ヘルニアの原因と治療方法③ヘルニアの腰痛と脚が痺れるメカニズム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

前ページ②の続き

椎間板ヘルニアの9割は誤診。

今回は実例を中心に原因や治療法、真性ヘルニアかどうかの見分け方

そして腰痛緩和のストレッチなどをお伝え致します。


③ヘルニアの腰の痛み・脚の痺れの原因と痺れるメカニズム

お尻や腰まわりの筋肉が硬直した状態だと、腰が痛くなるだけでなく

太腿やふくらはぎ、足先までが痺れる事があります。

それは何故かというと

硬直したお尻などの筋肉が坐骨神経を圧迫してしまうからです。

坐骨神経はこのように、お尻のエクボ付近から脚裏を通って

下の足先へと伸びていますので

お尻の筋肉の硬直が神経を圧迫してしまい脚の痺れを生みます。

ここまでで、お尻の神経が圧迫されている状態が痺れを生みだすのが

分かると思いますが

お尻や脚の硬直が、なぜ腰痛に結びつくかというと

この図のように上下に引っ張られてしまっているからなのです。

痛みが出ている場所の赤い◯の下の部分が硬直。

そして、この女性の場合は、腰上の背中の部分も硬直しいるので

こんな感じで痛みのある場所の上下の筋肉や腱が

引っ張り合ってしまっている状態です。

このような状態ですので

立っている状態では腰に違和感や重みがある程度ですが

前かがみになると。硬直している筋肉や腱は伸びずに

さらに腰の痛みの部分を強く引っ張ってしまうので『激痛』になるのです。

今回、ヘルニアと診断され眠れない程の痛みでお困りだった女性ですが

この筋肉や腱の硬直を解いて、腱の位置を元の場所に戻したら

腰の痛みは消えて前かがみの姿勢も出来るようになりました。

脚の痺れも当然消えています。

施術後のアンケートはこんな感じです。

参考例をもう少し見てみましょう。

以前にヘルニアで入院 ブロック注射も痛み止めも効かない男性

今度はコルセットを巻いた状態でご来院された男性。

やはり整形外科ではヘルニアと診断されています。

6年前にはヘルニアで入院された事もあるそうです。

そして、今回は痛み止めを飲んだり、ブロック注射をしたり

マッサージに行ったりしているが治る気配がなくてご来院。

診断名はヘルニア。

お身体の状態を診せて頂くと、やはり脚の裏や、お尻

そして、背中に筋肉や腱の硬直やヨジレがありました。

ヘルニアと診断されている部分の

腰の骨や椎間板を触っても叩いても、痛みはありません。

こちらの男性の場合も

足先から順に脚の裏、お尻、背中と筋肉や腱の硬直やヨジレを取り除いたら

前屈や後屈、歩いた状態でも痛みが出なくなりました。

勿論、コルセットも必要ありません。

しかし、これだけの硬直やヨジレがあると、

1週間以内に筋肉や腱のヨジレや硬直の戻りを防ぐ施術が必要です。

初回の施術の際に原因は判明し、施術直後に痛みも消えますが

7ヶ月近くも硬直しヨジレていた筋肉や腱なので

ヨジレのクセがついていて施術後に徐々に戻ることがあります。

その戻りを防ぐために、数回に分けて深部のヨジレや硬直まで解くことで

腰の痛みの再発防止に繋げていきます。

続いても1例

大学病院でも見放され、ブロック注射も効かないヘルニアの男性

さらにヘルニアと診断され痛み止めもブロック注射も効かない男性の例をご紹介します。

ご来院の際はコルセットを巻いた状態でした。

3月から痛みや痺れでお困りだったようです。

腰の痛みはこの部分。

脚の痺れはここの出ます。

足先まで全部痺れている状態です。

病院や整形外科・整骨院や整体院・マッサージなどに行ったが治らず

大学病院で検査をして頂き、椎間板ヘルニアと診断され

痛み止めを処方されたが、痛みは消えず、ブロック注射も効かない。

困り果てて山口県から新幹線で、僕の整体院までお越しになりました。

お身体の状態を診せて頂くとこんな感じで、

やはり脚裏やお尻、背中の筋肉や腱の硬直やヨジレがありました。

この方も、腰の骨や椎間板を叩いても、痛みはありません。

特にこの部分は酷い硬直といネジレがあって

強い痛みや痺れの原因になっていました。

この男性の場合も腰に繋がる筋肉や腱の硬直やヨジレを解くと

痛みや痺れが消えて、普通に歩いたり動いたり出来る状態になりました。

ブロック注射も効かない酷い硬直やヨジレだったので施術後に

重いような張っているような違和感が残っていますが

施術してすぐに痛みや痺れが消えたという事はやはり

椎間板ヘルニアが原因の腰の痛みや痺れではなかったように思います。

次のページ

④施術後の状態や身体の変化、症状の戻りについて

このブログを書いているのは

眞田時成 (さなだときなり) 腰痛専門士 /腱引き師 整体広島眞田流 代表
眞田時成 (さなだときなり) 腰痛専門士 /腱引き師 整体広島眞田流 代表
皆さんこんにちは!
整体広島眞田流 眞田流整体療術院の眞田時成です。

病院では、なかなか治らなかった自分自身の不調や痛みが代替医療の施術で即時改善した経験があり、驚きと共に効果的な代替医療の施術に興味を持ち研究を始めました。
そして研究や臨床テストの結果、効果的であった代替医療の知識と技術を総合的にまとめ肩や腰・首・脚などの痛み・コリ・冷えの緩和や長引く療養・原因不明の体調不良・ウツ改善のお手伝いをさせて頂くようになりました。

僕は4人の子どものパパで釣りとバイクが趣味です^^
プロカメラマン出身でマーケティングコンサルタントとしての仕事を経ているので、症状改善の施術も直感と理論の両方から考えます^^

現在まで25年以上代替医療や難病治療の研究を続けています。今までで実際に改善効果のあった施術や知識をまとめ、真の統合医療に繋がり不調や痛みを元から改善していく整体の総合技術を心身改善 整体広島眞田流として、身体・心・霊(たましい)の総合的な癒やしと改善であなたの健康で楽しい生活のお手伝いをさせて頂きます。

長い間 体調が優れずお困りの方・症状が改善されない方も諦めずにご相談下さい。一緒に健康になる道を見つけ根本改善に取り組んで行きましょう!

心身調整広島眞田流整体療術院
広島市中区八丁堀1-23 ヴェル八丁堀506

女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。

コルセットや湿布、痛み止めの手放せない あなたへ。
痛み・コリ・冷えの緩和・不調の元を見つけ根本改善をしていきましょう!
当院ではコルセット・湿布・痛み止めが不要になった方が沢山いらっしゃいます。
まずは1度特別価格の お試し施術 でお越し下さい。

24H いつでもネットでご予約できます♬

人数限定の初回特別価格お試しクーポンはこちらから

お電話の方はフリーダイヤル 0120-996-317をご利用下さい。
「お試し施術希望」とお電話ください。

施術中などで電話に出れない場合は院長眞田の携帯電話より折り返しお電話をさせて頂きます。

院長眞田直通携帯電話は090-8681-6692

詳細はホームページを御覧ください。

治療を受付させて頂いている整体広島眞田流 整体院ホームページはこちら

治療技術を学びたい方のアカデミー 眞田流整体療術院ホームページはこちら

頭から身体を調えるlaulomi技術・ 腰痛専門士・BMS整体師・頭痛改善研究所 ・ウツ改善研究所・冷え性改善研究所

筋整流法 腱引き指導施術者
腱引き広島城巽道場 代表

広島未来医療研究会 事務局長
治療受付の整体院ホームページ

八丁堀の整体院にて治療を受付しています。
整体院は、こちらのホームページを御覧ください。

 

 

 

代替医療技術のヘッドマッサージを身につける

日本一ハイレベルなヘッドスパ技術を学ぶ

頭部ケア専門士認定講座 / 大切なお客様の身体をケアできる技術を学ぶ

頭から身体を調えるヘッドマッサージ

ヘッドスパ日本一の技術を学ぶ / 頭部ケア専門士認定講座

メルマガにご登録ください。

施術改善例からの施術のヒント

>『元から治すヒント』メルマガにご登録下さい。

登録はこちらから。

http://sanadaryu.academy/entry/

もちろん無料です^^

アカデミー

塾生募集・眞田流アカデミー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

友だち追加